うお座のAB型さんはミステリアスさ最大級

うお座AB型

うお座のAB型さんは、ミステリアスでよくわからない部分も。でも心根は優しく人から慕われます。

全体運

うお座のAB型に生まれた人は、かなり底知れないものを人に感じさせています。ひとことで言えば、二重の二面性を持っている人。一筋縄では、あなたのことを理解するのはとても難しいといえるでしょう。

二重の二面性とはどういうことなのか? ひとつは、二重人格ともいわれるAB型の二面性です。A型とB型の性格がないまぜになったAB型さんの性格は、非常に繊細で理知的な部分もあり、一方で、感覚的で好き勝手な部分も持っています。一方で、うお座さんも二面性のある性格をしています。うお座としての二面性は、深い精神世界にあらわれます。

天にみるうお座の姿は、二匹の魚が泳いでいる姿です。一匹は天に向かい、一匹は地に向かって泳いでいますが、逆向きに泳いでいるはずの二匹の尾は、はぐれないようリボンでしっかりと結びつけられています。

この二匹は、見返りのない崇高な愛情をもたらす、愛と美の女神アフロディテと、独占欲と性愛欲の童神エロスの母子です。うお座に生まれた人は、この二種類の相反する、しかし決して結びつきをほどくことのできない愛にあふれ、底知れぬ魅力で他人を惹きつけてやまないのです。

しかしAB型さんであれば、その親身の深い情愛で他人のふところに入り込むとともに、他人からは自分の心に踏み込ませまいといった高い壁を感じさせます。

他人から見れば、あなたに愛情があるのかないのか判別がつかず、もしかしたら嫌われているのだろうかと勘違いさせる原因にも。AB型さん特有の、表現力のとぼしさにも由来するこの勘違いを防ぐには、あなたがより他人に対して心を開き、理解されないことを恐れず、心にあふれる愛情を発信していくことがベストです。

仕事運

ほかの血液型に劣らず、うお座のAB型さんも、芸術性と創造力にあふれており、世の中の一般常識、データ、分析といったことは苦手分野です。

あくまでも常識的な対応が求められるようなかっちりとした仕事や、規則に厳しい仕事には不向きです。美術館などの学芸員や、ミュージシャン、俳優・女優、芸人などが適職です。

恋愛運

AB型さんには見目うるわしい人も多いといわれますが、そのミステリアスな魅力と、うお座さんに特有の底知れない愛情あふれる雰囲気で、異性の注目をよく浴びます。AB型さん自体は、恋愛についてさほどの積極性がなく、恋愛に興味がないことを装う人もいますが、実際内心ではそうではありません。AB型さんとしては、人から裏切られたり、人から理解されないことが怖いのです。

ところが、心の奥では、愛情を渇望しているところがあります。うお座は底なしの愛情を持ち合わせていますが、それは自分に対するものではなく、他人や第三者に対する愛情です。その愛情で自分を満足させることはできません。

日常生活の中で、同性異性を問わず比較的理解してくれる友人知人が増えやすく、他人からの愛情を受けやすい他の血液型にくらべ、理解者が極端に少なく、プライベートに踏み込まれることを拒絶する傾向さえもあるAB型さんは、愛情不足から、声をかけてくれた相手には簡単に近寄っていく部分があるのです。

ただ、付き合って後はパートナーを尊重するのですが、自己主張をますます抑制することで却って相手からわかりにくいと感じられたり、なかなか心を開かない部分が相手の自信喪失を招き、案外早く別れを招いてしまうことも。

やはり近しい人とは胸襟を開いて話し合うということを頻繁に行わないと、うお座のAB型さんはなかなか、長続きのする恋愛運を掴むことはできません。

金運

直感で生きているうお座さんにとって、金運もまた、直感で得ることのできる運のひとつです。ギャンブル運や、くじ運はありませんが、いわば副業の運とご縁があり、副業で成功するうお座さんも多くいます。お勤め先とは別に、趣味の仕事を持つと良いかもしれません。

また、この副業は人脈を通じて事業拡大をすることができます。AB型さんは人脈を築くのを怠る部分もありますが、どうか金運のためにも、ひととおりの会合には顔を出したいものです。

健康運

生活の9割近くを精神論で生きているようなうお座さんの場合、それは精神が防御なしで露出しているのと同じ状態です。

したがって、うお座さんが病を得るときは、精神面、神経の面から病にかかることが非常に多くなります。中でも、AB型さんは特に繊細な心の持ち主です。

自分で思っているよりもストレスもためていることも多く、ストレスからくる病が最も心配されます。精神的に追い詰められることから、心臓病にかかる可能性も高いようですので、ストレスは早めに解消し、リフレッシュを行うよう常日頃から心がけておきましょう。

Sponsored Link